流れ星の軌跡

のんびりと、趣味の音ゲー中心に日常について語るブログだったりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一息ついて4gを振り返る

えーと、長らく記事を書いていなくてすいません。
ひとまず、少し落ち着いたので何か雑記をつらつらと。
というわけでやらなかった時期もあったりで、紆余曲折のまま進んできたmh4gをば。
いやー、このカテゴリの記事書くのも久々ですねw

mh4もちゃんとプレイはしていましたが、
mhp2Gの時もそうでしたが、私は引き継ぎせず、敢えて1からプレイするようにしてますね。
そっちの方が2倍楽しめるような気がします、個人的には。
ただ、仕様がある程度わかっちゃってる以上、完全に2倍ってわけにはいかないですけどね。
例えば4では最初の船でのゴア戦で狂竜ウイルスに感染/克服の両メッセージを見ましたが、
4gでは上位ティガかなんかでで見失ったときに初めて感染メッセージが出た気がします。
一瞬焦りました(笑)

で、一応ストーリーとしては

ひとまず討伐。ダラよりはやりやすいかなぁ

ライトボウガンでのマジオスソロ討伐までは終わりました。
装備はグラビドX一式の頭剣士、スキルは防御大、反動+1、貫通強化、粘着無効と
完全にチキン装備です、はいw あ、武器は順当に忌火(極限強化なし)です。
一応こんなガチガチ装備で猫飯が火耐性、更に硬化薬Gを飲めば
天鎧玉なしでも何食らっても一撃死はないので、気分的には楽ですね。

設備は撃龍槍(落ちた分含む)使用、あと固定式拘束弾を気まぐれで使ってました。
巨龍砲って当たるんですかね?よくわからなかったのでスルーしましたw
ダウン時は支給用樽爆を併用して背中の部位破壊優先で、
一段階破壊したら火炎弾で頭、翼足、胸の破壊狙い、
で、切れたらひたすら貫通弾撃ってました。
あと弾の調合素材は火炎弾と貫通12を持ち込んでましたね。
丁度貫通を撃ちきる寸前ぐらいで討伐できたかなと。
少なくとも火力面だけ見れば全く理想的な戦い方ではないですがw、
まあ何かの参考になればなとw

体力はやたら高そうですが、ダラと比べても兵器をフル活用して、
ダウンを奪える分、何とかなるかなーという印象ですね。
逆にダラは未だに攻略法がわからなかったりします(汗)

と、ここまで来たところでちょいと振り返ってみようかなと。
まあまだまだ終わりではないですが、ひとまず印象に残ったモンスターについて
追記でつらつら書いていきますw


というわけで、新モンスター並びに復活組中心に色々書いていきます。
まさに雑記って感じですねw なお、これはあくまで私個人の感想ですので
ご了承くださいませ。


・セルレギオス

ご存じ今作のパッケージモンスターですね。
個人的には何と言うか、戦ってて面白いなーという印象を受けました。
動きは素早いですが飛びっぱなしでもなく、また大技は見きりやすく、
バランスのとれた飛竜種って感じですね。
テンポの速い戦闘を楽しめるので、個人的にはかなり気に入ってます☆
武器も独自のギミックがあって個人的には好印象ですね。


・モノブロス

P2G以来の復活ですね。懐かしい!
昔はストーリー上重要な役割を担っていながら強さは劣化ディアブロスでしたが、
何かボルボロスみたいな行動を取ったり、また突進一辺倒ではなかったり、
上手く差別化が出来てるんじゃないでしょうか。
そして尻尾の裏側が物凄く柔らかいのも相変わらずですねw
怒涛の連続攻撃であっさりキャンプ送りになることもありますが、まあ立ち位置上
これぐらいの方がいいかなぁという感想ですw
ただ、さすがに亜種は速すぎるし2連突進が(汗)

また、ディアについてもちょいと触れますと、基本突進しかしてこないですが、
謎ホーミングや振動コンボがない分比較的戦いやすくなったという印象ですね。
ただ、走り回る分少々面倒にはなったかなとも。
さすがに潜行→飛び出し→即突進は初見は相当ビビりましたけど(汗)
角狙いの位置でスコープにしてたのでなすすべもなく轢かれましたw


・ザボア亜種

まさに「動けるデブ」w
原種は膨張したらガンナーはやりたい放題出来ましたが、こちらは飛んだり転がったり、
はたまたブレスを撃ってきたりと忙しいですねw
明確な隙はそこまで多くないですが、堅過ぎたりするわけでもないので
戦いがいがある相手という感じですね。麻痺ブレスはさすがにビックリしましたが(汗)
但し、エリア10のあの狭さだけは何とかなりませんかねぇ(苦笑)


・ガララ亜種

個人的には「これはちょっと」なモンスターですね。
撥水甲のギミック自体は面白いかなぁとは思うんですが、
完全にその場のハンター狙いなので弾く角度がムチャクチャなのに、
小型やら地形やらを貫通するのはちょっと(汗)
ブレスに意思があるかのような動きは、見てて何だか「うーん」ですね。
肉質もガンナーはまだマシとはいえ何かやたら堅いですし・・・


・オオナズチ

まず、こんなに激しい動きするモンスターでしたっけ?随分性格が変わったなぁと。
ただ攻撃が重く、また速くなって隙が少なくなったのに加え毒や盗みも厄介ですが、
比較的スキルでの対処はしやすいのが救いでしょうかね。
ただ、ガンナーからすれば弾肉質が酷い!何ですか最高30ってw
火属性がやたら通るのがまだ救いではあるのですが。


・ドスガレオス

これまたこんなに激しい動きするモンスターでしたっけ(汗)
所詮ドスガレオスだろーと思ってたらブレスは発射直前まで軸合わせしてくるわ、
距離を取ろうと思っても積極的に詰めてくるわ、尻尾はめっちゃしなるわと、
何かやたら強くなってますね(汗)
それでも純粋強化な上、以前までと違って中々出てこないなんてことはないので、
中々バランスの取れた調整じゃないのかなーと思います。


あとおまけで・・・w


・ジンオウガ亜種

これほどシリーズによって評価がガラッと変わるのも珍しいのでは?w
3G時代は開発側からの「誰もが嫌がる蝕龍虫弾」なんて迷言がでたものの、
4になって肉弾戦主体で攻撃が激しいものの、戦いがいがあるという評価に。
4Gでも上位までなら特に変わらず、火の国クエはブラキにさえ気をつければ、
と思いきや・・・なんすかコレ?ww
いやー、まさか一挙一動ごとにホーミング蝕龍虫弾が飛んでくるとは(汗)
しかもこれジンオウガ亜種本体は貫通してますよね?
どうしてこうなった・・・


あとは未挑戦ですがシャガル辺りも酷いんでしたっけ?
混沌ゴアは面白かったんですけどねー。
あと極限化はまだレギオスとグラビしかやってないのでノーコメントで。
めちゃくちゃだとは聞いてますけどね・・・


あとはまあ、また機会があれば3Gのイベクエ四天王との闘いの記録についても
気まぐれで書いていけたらなぁとは思います、ホントきまぐれですけどねw


ではでは、語り出したら止まらなくなりそうなのでこの辺にしておきますw
スポンサーサイト
MHシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<全部取れたら10倍嬉しくて | ホーム | ランセレおみくじ 2015年版>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。